アメリカンチェリーを食べる前に読んでね!

お元氣様です!
今日も健康パトロール♪   

湘南茅ケ崎の晴れやかセラピスト・高橋晴子です(*^^*)/

hh
今日は、ホストハーベストのお話です。

輸入される野菜や果物で、
「ポストハーベストが危ない」と聞いたことはありませんか?

ポストハーベストとは、
ポスト(後)ハーベスト(収穫)という意味。

名前の通り、野菜・果物を収穫した後に
散布される農薬のことを言います。

船のコンテナで数週間もかけて運ぶので、
作物は生物なので、防カビ・殺菌が目的です。

その種類は、OPP 、TBZ、イマザリル と呼ばれるもの。

レモンやオレンジ等の柑橘類やバナナに使用されてます。

h
今の時期だと、『アメリカンチェリー』が
ホストハーベスト漬けで売られてますよ!


日本の法律ではポストハーベストは禁止されているので
日本国産の作物には使われていません。

でもね、輸入される農作物ものは違うんです。

日本に、食品添加という位置付けで輸入されてるんです。
(一部の割り箸や巻き簾などにも使われています。)


何故なら、アメリカ政府から強く使用を認めるように

圧力をかけられたから。

日本国内の消費者の多くの反対があったにも拘らず、
米国圧力に負けて、日本政府は、
1977年4月30日に、農薬ではなく食品添加物として
OPPを認可したのです。(「レモン戦争」と呼ばれる)

フルーツ
もともと日本政府も危険な農薬だと分かっていたのに!!

政治の犠牲になったのは日本国民です。。。

添付工程は、工場で、一種類ではなく何種類も、
10以上の工程、かけてりかけたり~漬けたり~

を繰り返します。

可食部に浸透するほどの小さな化学物質なので、

果肉の部分にも浸透していきます。。。

水で洗い流しただけではポストハーベストを
取り除くことはできません。

少し洗えば有害成分が流せるわけでもなく、
手に持つだけで体の中に入ってくるかもしれない事実。
バナナ
飲みこんだ場合は有害であると、
厚生労働省では注意喚起をしています。

また、妊娠への影響、肝細胞への影響が
実験の結果から認められています。

避難対策としては、
柑橘系の果物なら、日本の温州ミカンがおいしいので~

食べましょう^^

もしジャムやマーマレードを作るなら、国産の材料で作ってね!

(外国でジャムにされた輸入ジャムなら、

ホストハーベストは使用されてませんよ^^)

ホストハーベストの表示があるものは、極力さけましょうね^ ^

☆オレンジやグレプフルーツを絞りしながら売ってる
ジュースや、生絞りチューハイは危険です!

とはいえ、国産作物だっていわゆる農薬が使われてる
可能性が高いです。

よく洗いましょう!!

(オーガニックを選ぶのがベストです。)
レモン
ホストハーベストの使用は、
実は米国など輸出元の国々が、自国で禁じています!
どれだけ危険性か理解できますよね。

なのに輸出には使っている!


しかし、それを輸入許可している日本政府。


つまり、日本政府は、国民の健康を考えてないという事。

(EUではあり得ない!)


このような事は、他にもたくさんあります!

なので、私達日本人は、
自分達の健康を自分で守るしかないですねー!!


その為には、何が良くて、何が悪いのか?
食について知識がないとできません。

子供の身を守る事ができるのは、お母さんだけです!!

怖がらずに、情報収集をしてくださいね^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~

子育て頑張ってるお母さんのための

≪食育講座≫を5月27日(金)に、広尾で開催します!

詳細はこちらです。
皆さんとお目にかかれるのを楽しみにしてます^^

講座

 

 

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る