そら豆 でむくみ解消♪

紫の芝桜

お元氣様です!
今日も健康パトロール♪
湘南茅ケ崎の晴れやかセラピスト 高橋晴子です(*^^*)/

 

ベランダのハイビスカスに蕾が。

もうすぐ一気に咲きそうです♪

今日も笑顔で過ごしましょう~~☆


そら豆が野菜コーナーに並んでますよね〜♪

そら豆はさやからだすのですが、

中身の豆はほんの少し!

さやがゴミとして大量に出るんですよねー(笑)

でも、大好きだから、また買ってしまうのです(^人^)

今回は、そら豆を、トースターで焼いてみました!!

甘みがあって美味しい〜♡

おつまみにピッタリでした^^

〜〜〜〜〜〜

【 そら豆 】(4〜6月が旬)

そらまめ

世界最古の農産物の一つともいわれている。

チグリス・ユーフラテス川流域で新石器時代に栽培化され、

エジプトでは4000年前から栽培されてして、

ピラミッドや、トロイの遺跡からも化石化したそら豆が
見つかっている。

日本には736年奈良時代に、インドの僧により入ってきた。


【 効能 】
気を補い消化を助け、水分代謝をよくする。
弱っている胃の働きを高める。

・むくみ予防・改善
・疲労回復
・動脈硬化、高血圧を予防
・肝機能を高める
・便秘を解消する

その他では、
寝汗、多汗、頭痛、めまい、高コレステロール、
貧血、肥満、冷え症、等の対策に。

栄養・・たんぱく質、糖質、食物繊維を多く含む。
    ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・鉄分も含む。


【 食べ方 】
茹でるてそのままで。 さやごと焼く。

そら豆とベーコンのクリームパスタ、そら豆と生ハムのパスタ、

そら豆とトマトのサラダ、スープ、そら豆ご飯、

そら豆と海老の塩炒め、かき揚げ 等
そら豆と海老
◆茹で方

豆の黒いところにナイフで切り込みを入れて、
少量の塩を入れた熱湯で1.5 分ほど茹でて、ザルに取り出す。

軽く塩をして食べる。茹で過ぎに注意。

◆焼き方

そら豆をさやごとトースター(又は魚焼きグリル)で、

約10〜15分約。

さやからだして、塩や醤油を付けて食べる。

剥く時は熱いので、軍手をするなど注意を払う。

焼いたそら豆

 


関連記事

ページ上部へ戻る