発酵食品「味噌」のニセモノに気をつけましょう~!

大寒1

こんにちは。
湘南・茅ヶ崎〈今日も健康パトロール〉の
高橋晴子です。

 

今日は二十四節気(にじゅうしせっき)で大寒です!

大寒

大寒は、小寒(1月5日)から、

立春前日(2月3日)の真ん中で、

 

「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」

つまり、「寒さが最も厳しくなるころ」と説明されてます。

 

ナルホド!

今日は、この冬一番の寒さですよね~!

 

大寒は、寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われます♪

 

そして、寒気を利用した食べ物、
凍り豆腐、味噌、醤油など を仕込みます(*^^*)

 

なぜならば、「寒の水」=寒内に組んだ水は、
雑菌が少なくて身体にも良いとされているので、
長期保存される食品には大事とされてきたから。

 

その為、長期保存の食べ物は、
この時期に仕込むようになったのです。

味噌2

最近は「腸内細菌」について研究が進んでいて、

テレビや雑誌で取り上げられています。

 

その中で、発酵食物が注目されてます。


便秘改善やダイエットにも大事なアイテムとなってます。


中でも、ヨーグルトを進めてるところがあります。

 

でも、ヨーグルトは、最近の牛乳事情 を知ったら

健康のために毎日食べるのはためらってしまう。。。

 

そこで、日本伝統食品の出番です!!

 

日本の伝統食品は、発酵食品が大得意!!

 

それは、
味噌、醤油、みりん、酢、日本酒、漬物、等々♡

 

東洋人の私達の身体にとてもあってるんです^^

 

 中でも、味噌汁は、1日に一回は飲みたいものです。♪

 

1年以上漬け込んだ味噌は、美味しいですよ~~(≡^∇^≡)

 

ところが、最近の味噌は工業化されていて、

1っか月とか短時間で出荷されてるそうです!!

 

 

醤油やみりんなども、同じです。

 

つまり、最近の発酵食品は、

「昔ながらの発酵」をしてないものも売っていることになります 

 

旨味は、乳酸菌などが時間をかけて発酵して出来ます。

 

時間をかけて発酵してこそ旨味(アミノ酸)が増すのです!

 

時間をかけないものには、旨味がでない。
しかし、時間=コスト がかかってしまう!!

 

そこで大手味噌会社が考えた!

 

「短時間で作って、旨味が足りない分は、

 旨味の添付物(アミノ酸)を加えよう」

 と。

 

「出汁入り味噌」はその代表です。

 

醤油、みりん、酢、日本酒なども、
添加物でごまかしてる物が、お安く売れれています。

 

本物を買うには、信頼のおけるお店で買うのが良いですね^^

 

スーパー等で買う時は、必ず裏側のラベルを見てください!!

 

≪本来の材料≫

味噌・・・大豆・麹(米)・塩。
醤油・・・味噌と同じ + 小麦粉。
みりんは・・(もち)米、麹米、焼酎。
純米酢・・米のみ。


NGワード 
調味料(アミン酸等)
醸造アルコール(醸造酒)
砂糖・ 人工甘味料(スクラロース等)
〇〇風(みりん風) 

 

味噌・醤油・みりん・酢は、和食の大事な調味料です!!

少しずつですが、毎日、毎日、私達は口に入れてます。

 

安い!便利!に惑わされずに、

本物を選んで下さいね^^

みそたる

本物

(本物の調味料は、ビン(ガラス)に入ってます!)


関連記事

ページ上部へ戻る