内部被爆について

夏ミカン

お元氣様です!
今日も健康パトロール♪
湘南茅ケ崎の晴れやかセラピスト 高橋晴子です(*^^*)/

つつじ
ゴールデンウイークが始まりましたね^^

皆さまはどんなご予定ですか?

ワクワク♡ 楽しい♪ ゴールデンウイークを
過ごされますように~☆

内部被爆
今日は内部被爆についてです。

3・11東北の大震災から5年が経ちました。

そして、まだまだ 福島の原発は、収束していません。。。

福島原発による放射能は、風向きによっては・・・・

つまり、まだまだ 福島の原発は、収束していない。

福島原発による放射能は、風向きによっては・・・・


ですので、子供たちの事を考えると(特に幼いお子様ほど)、
 注意して頂きたいな と思います。


放射能が身体に及ぼす危険性は、成人した大人に対して、
子供は、10倍  
乳幼児は 、100倍

そして、
妊婦さんは、胎児への影響があって、50-100倍

と言われてるのです。
内部被爆2
放射能の影響は、内部被曝と、外部被爆があります。


内部被曝を避けるには、食育で言うならば、

まず『入れない事』が大切です。


ご家庭によっては、

放射能検査したお野菜やお魚を取り寄せている 方もいると思います。


でも、それをずっと続けることは難しいですよね。

そんな時は、

魚や肉に関しては、塩ゆですると良いです。


魚や肉の塩茹では、放射性セシウムが70%排除

(ジャガイモは塩ゆでで45%排除)できることが

論文で発表されています。


そして、何よりも大事な事は、『排泄力を高める』こと!!


いかに除去するか? これが重要となります。


それには、バランスの良い

 ビタミンとミネラルのバランスが大切!


特にミネラルです!!


ミネラルを何から採れば良いか?


身近で出来る事として、

良い塩、ホンモノの味噌や醤油(発酵食品)

毎日、コツコツとることです。


それから、ゴマ・小魚・海藻類 をとると良いですね。
(産地には要注意!)


食事で取りにくい場合は、より優れたサプリメントも、

今のご時世では重要と、私は捉えてます。


(我が家の子供たちのには、
 品質の良いサプリメントを食べさせてます。)


また、食事以外では、汗をかける身体にすること。


毛穴からも、デトックスされるので。

運動をしたり、サウナも良いです。

そして、冷暖房に頼りすぎない生活も大事ですね。

 

お母さんの知識が、子供たちを救います!

 


関連記事

ページ上部へ戻る